鳥インフルエンザと福島県・タミフルと喉の乾燥予防

岡山県や佐賀県、宮崎県などの日本の各地の養鶏農場において高病原性鳥インフルエンザへの感染が確認されてきました。その影響を受けて福島県では高病原性鳥インフルエンザについての情報発信と養鶏農場の経営者への注意喚起とを積極的に行ってきています。福島県においても養鶏産業は展開されており、その保護を行っていくことが重要になるからです。また、福島県には野鳥が飛び交う自然区域が多く、そういった場所での鳥インフルエンザへの懸念の声もあります。鳥が死んでいる姿をみると高病原性鳥インフルエンザではないかと考えてしまう人が多くなっているのが実情であり、それが誤解であるということを理解してもらうための情報発信も絶えず行われてきています。現状としては鳥から人への感染を考えるよりも、人から人への感染の対策を行っていくということが一般の人には重要なものです。タミフルによる治療が可能になったとはいえ、タミフル耐性ウイルスも登場してきていることから、インフルエンザになったらタミフルで治療できるという方程式は成り立たなくなりつつあります。そのため、治療よりも予防に目を向ける重要性がますます高まっています。日常的なレベルでの予防策として重要なのは喉の乾燥予防です。インフルエンザウイルスは基本的には飛沫感染であり、喉から侵入するというのが典型的な経路になります。そのため、喉の乾燥予防を行うことによってしっかりと喉の粘膜を保護しておくことにより感染リスクを下げることが可能になります。そういった観点からマスクを普段から着用したり、加湿器を用いて部屋の湿度を保ったりすることは重要な予防策と言えるでしょう。そういった取り組みから始めると感染リスクを下げていくことができるのです。