全国的な流行時インフルエンザ予防に鶏肉やタミフル

インフルエンザを予防する方法は、複数あります。
まず、最初に挙げられるのが最適な湿度の維持です。
湿度が40パーセント以下になりますと、インフルエンザウイルスを始め、様々なウイルスが体内に入り込みやすくなります。
加湿器やヤカン等を使い、50パーセント以上の湿度を維持すれば、
乾燥が激しい11月から2月頃の風邪予防とインフルエンザ予防が望めます。

インフルエンザ対策として次に推奨されるのが、栄養素の補給です。
冬場は食欲が減退しやすく、良質な蛋白質とビタミンBが得づらいです。
そのため、鶏肉を使ったお鍋を作る等、寒い季節でも家族全員で予防に必要な栄養素を意識的に補給しなければいけません。
鶏肉は低カロリーながらも良質な蛋白質とビタミンBがあり、高齢者から子供たちまで好き嫌い無しに食べられる優秀な食材です。
また全国各地のスーパーで鶏肉はいつでも買えるため、日常的にお鍋や揚げ物の素材として使えます。

そして非常に役立つインフルエンザの予防策として最近注目されるのが、医薬品タミフルの事前服用です。
一般的に治療薬は体調が酷く悪化してから飲む物だと考えられていますが、
タミフルの事前服用を推奨する専門家もいており、ワクチン接種と同等の働きが望めます。
特にインフルエンザが全国的な流行を見せるシーズンは、
自分以外の家族が既にウイルス感染し、酷い体調不良に悩まされているはずです。
そんな全国的な大規模流行の時期は、タミフルの処方が素早く行われます。
医院や専門家のセンスによって変わりますが、いわゆる検査なしの処方が行われる可能性も高く、既に家族に感染または発症している場合は、支えとなれる母親が積極的にタミフルを事前服用しなければいけません。