タミフルを安全に使う方法

タミフルは、インフルエンザ治療に非常に有効な薬です。正しく服用すれば、インフルエンザの辛い症状の悪化を食い止め、治りを早くする事が出来ます。
タミフルを安全に、効果的に使うにはどんな事に気を付けると良いのでしょうか。
まずは、インフルエンザの感染が疑われる時には、発症後12時間経過してから、なるべく早い時期に検査を受け、インフルエンザにかかっているかどうかをはっきりさせましょう。タミフルは、症状が出てから48時間以内に服用しなければ、効き目が低くなります。タミフルは、体内でインフルエンザウィルス(A型ウィルス、B型ウィルス)が増加するのを食い止める薬なので、ウィルスが既に増加してしまった状態では、上手く働く事が出来ないからです。
次に、服用に際しては、医師や薬剤師の指示に従って服用する事です。一般的には、大人の場合1日2回、1回1錠を3日~5日、幼児や児童の場合には、体重にあった量の薬を1日2回、1回1包を3日~5日の間服用します。気になる事がある場合には、その場で、医師や薬剤師に質問しましょう。
最後に、タミフル服用後24時間は注意深く様子をみます。特に、1回目のタミフル服用の時には、気を付けましょう。
意識がぼんやりしたり、なくなったりする、幻覚が見えたり、うわごとを言う。おかしな行動をとる、血便、全身の皮膚の発赤、ただれ、水膨れ、動悸、血圧低下、尿量の減少、白目が黄色くなると言ったような症状が見られた時には、服用を中止し、医療機関に連絡しましょう。他にも、何かおかしい、と感じた時にはすぐに、医師に相談しましょう。
特に、幼児や児童が服用する際には保護者の方は、注意深く見守る事が必要です。

タミフルの問題性とは

インフルエンザにかかった場合、タミフルという治療薬が使用されることがあります。成人の場合は、あまり問題はありませんが、タミフルを子供に服用させた場合、副作用があらわれることがあります。過去に報道されているため、多くの人達は理解していますが、異常行動をとり、高所から転落をして死亡した事故などが発生しています。
タミフルによる因果関係は、はっきりと解明されていませんが、子供に与えると副作用が起きる可能性があるということを覚えておくことはとても大切です。
インフルエンザにかかった場合、タミフルではなく、副作用の少ない治療薬を与えられることが多くなっています。問題のある薬を処方されることよりも、安心出来る方法で治療をしてもらうことが大切です。医師から説明を受けることになりますが、患者や患者の家族は、医薬品についてのある程度の知識を持っていることが必要です。
新聞やテレビ報道などで、事件や事故についてのニュースを知ることは容易に出来る時代です。毎日発信されるニュース性のある話題に、興味を持ち、今の時代にあった知識と感性を身につけることはとても大切なことです。
インフルエンザの流行する時期には、予防注射をうつなど、なるべくかからないように予防をすることが大切です。万が一、インフルエンザにかかった場合は、病院を受診し、医師から処方される治療薬をもらいます。それがどういったものなのかは、医師に直接聞いてみます。問題が指摘されているタミフルを避け、副作用の出ないような治療薬を希望します。そして、わからないことや不安なことは、何でも相談出来るような、信頼出来る医院を訪ねることも必要です。日頃からそういった医院を見つけておくことも大切です。

タミフル以外のインフルエンザ治療薬

インフルエンザの治療薬と言えば、タミフルが最も一般的でしょう。しかし現在ではタミフル以外の治療薬も加わり、合計四種類の治療薬が処方されています。特に、十代の子供にはタミフル以外の治療薬が処方されることがあるようです。タミフル以外のインフルエンザ治療薬として、リレンザを挙げることができます。リレンザは吸入薬で、専用の器具を使用して吸入することになります。小さな子供にとって、この器具の使用はやや難しいため、幼児にリレンザが処方されるのはごくわずかであると報告されています。基本的には、リレンザは一日に二回吸入しますが、五日間ほど行なうことになります。この治療薬には、インフルエンザを治療すると同時に、予防の効果もあると言われています。
もう一種類の治療薬は、イナビルというものです。イナビルはリレンザと同様、吸入薬です。しかし異なっている点は、イナビルの投与は一回で終了するという点です。専用に使用される吸入器も、リレンザのものよりも扱いやすくなっています。
さらにタミフル以外のインフルエンザ治療薬として処方されているのは、ラピアクタと呼ばれるものです。ラピアクタは点滴という形で処方されます。そのため、投与は一回で終了します。早く効くという特徴があるため、特に重症のインフルエンザ患者にはたいへん有効な治療薬と言われています。
どんなインフルエンザ治療薬を使用するとしても、感染してから四十八時間以内に使用することが勧められています。この時間を過ぎてしまうと、治療薬の効果が失われてしまうからです。インフルエンザに感染した疑いがあるならば、出来るだけ早めに医療機関を受診し、適切な治療薬を使用することが必要でしょう。
■インフルエンザの治療薬を通販で探すなら
リレンザ通販
■インフルエンザのことを知るなら
インフルエンザ 症状